イベント情報

救急

全国版救急受診アプリ「Q助(きゅーすけ)」の提供開始について

消防庁では、住民のみなさまが急な病気やけがをしたときに、医療機関を受診するタイミングや手段、利用できる医療機関及び受診手段の情報を提供し、緊急度に応じた必要な対応を支援するため、「助(きゅーすけ)」の提供を開始しました。

該当する症状及び症候を画面上で選択していくと、緊急度に応じた必要な対応が表示されます。
①「今すぐ救急車を呼びましょう」:緊急性が高いと思われます。今すぐに119番に電話しましょう。
②「できるだけ早めに医療機関を受診しましょう」:2時間以内を目安に病院に行かれた方がいいでしょう
③「緊急ではありませんが医療機関を受診しましょう」:緊急ではありませんが、受診した方が良いでしょう。夜間でしたら、翌日の診察でも構いません
④「すべての項目に該当しない場合」:継続的に様子をみて、症状が悪化した場合、変わらずに続く場合、他の症状が出現した場合は、医療機関の受診を考慮してください。
以上4つの区分に応じて必要な対応を助言してもらえるシステムです。

Q助流れ.png


その後、医療機関の検索(隣県の情報も閲覧できるように、厚生労働省の「医療情報ネット」にリンク)や、受診手段の検索(一般社団法人全国ハイヤー・タクシー連合会の「全国タクシーガイド」にリンク)を行うことができます。




Q助スマホ.png

(App Store) https://itunes.apple.com/jp/app/id1213690742
(Google Play) https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.elmc.emergencyapp

Q助web版
Web版「Q助」はこちら↓をクリックしてください。
http://www.fdma.go.jp/neuter/topics/filedList9_6/kyukyu_app/kyukyu_app_web/index.html


全国版救急受診アプリ「Q助」広報用チラシ.pdf







 

≫ 続きを読む

2017/07/15   救急係
タグ:救急 , 平成29年

愛媛県ドクターヘリの運航について

愛媛県では、救命率の向上等に大きな成果を上げているドクターヘリを導入し、救急医療提供体制の充実・強化を図ることを目的として、平成29年2月1日から運航を開始しています。

ドクヘリ(全体)サイズ加工済.jpg

【~安全な運航のためのお願い~】

・ドクターヘリは、原則として、あらかじめ設定したランデブーポイント(学校・公園等)に消防機関の誘導により着陸します。

・安全な運航のため、ヘリが離着陸する際は、離着陸する場所から退避してください。

・着陸後は救命治療を行いますので、近寄らないでください。

・ヘリの風圧や大きな音が 発生しますので、必要に応じて、吹き飛ばされやすいものは室内にしまい、窓を閉めてください

 皆様の御協力をお願いいたします。
 

※ドクターヘリとは
救急医療専用のヘリコプターで、医師や看護師が搭乗します。
このドクターヘリにより、生命の危険がある患者さんに救急現場等で初期治療が始められるとともに、速やかに医療機関へ搬送することが可能となり、救命率の向上や後遺症の軽減などの効果が期待されます。

【運航方法及び運航範囲について】

ドクターヘリは、県内全域を運航範囲とし、消防機関からの出動要請を受けて速やかに出動します。また、毎日、日中に運航します。ただし、有視界飛行であることから、悪天候時には運航しません。患者さんの病院間搬送のため、出動することもあります。

ドクターヘリ搬送患者(ご家族)さんへの愛媛県からのお願い.pdf
 








 








 

≫ 続きを読む

2017/06/01   救急係
タグ:救急 , 平成29年