ホテル・旅館等に対する表示制度について

表示制度の概要

 ホテル・旅館等の関係者からの申請に基づき、消防機関が審査した結果、消防法令のほか建築構造等に関する基準(以下、「表示基準」という。)に適合していると認められるホテル・旅館等に対して、表示マークを交付する制度です。表示マークを、建物やホームページに掲出することで、利用者等に建物の安全情報を提供するもので、平成26年度から全国一斉に始まりました。
 

表示マークの種類

 表示マークには、金色と銀色の2種類があります。表示基準に適合していると認められる場合は、「表示マーク(銀)」(有効期間1年)が交付されます。3年間継続して表示基準に適合していると認められる場合は、「表示マーク(金)」(有効期間3年)が交付されます。
 ※ 表示マークを継続する場合は、有効期間内に更新してください。

表示制度の対象

 3階建て以上で収容人員が、30名以上のホテル・旅館等(複合用途の建物内にホテル・旅館等ある場合を含む。)が対象です。

表示制度の対象外となるホテル・旅館等について

 表示制度を受けることができる建物と同様に、防火基準に適合していると認められる場合は、「表示制度対象外施設」である旨の通知を受けることができます。

八幡浜地区管内の表示マーク交付事業所

 管内のホテル・旅館等のうち、表示マークの交付申請を行い、表示基準に適合しているものとして表示マークの交付を受けた事業所
・《  事業所名 》 ハーバープラザホテル
・《所 在 地》 八幡浜市字新地360番地
・《種     類》 銀
・《交付年月日》 平成28年6月24日
・《 有効期限  》 平成30年6月23日
【平成29年6月26日現在】

資料

表示制度に関するリーフレット(PDFファイル 1,344KB)

ご不明な点がございましたら、消防本部予防課までお問い合わせください。

2014/12/19   八幡浜消防本部
タグ:ご案内 , 火災