訓練風景

訓練

救助隊査閲訓練を実施

平成21年12月16日、救助隊査閲訓練を実施しました。

当消防本部救助隊では日頃の署内での訓練とは別として、定期的に署外での訓練を実施しています。
管内の河川や住宅密集地での救助訓練や自動車整備工場の関係者の協力を得て、廃車を利用して交通事故対応訓練等を実施しています。
また専門業者を講師に迎えてエレベータの閉じ込め事故やゴミ収集車による巻き込まれ事故の際の対応方法や各種機器の構造等を研修し、万一事故が起きた際に安全に素早く対応できるように研修を重ねています。

これらの訓練の一年の総括として救助隊査閲訓練を実施しました。

火災発生!逃げ遅れ者多数!!

耐火造4階建の建物の2階から出火し、逃げ遅れ者が多数いるとの想定の下、救助工作車、梯子車、水槽付き消防ポンプ自動車が出動しました。

救助工作車隊の様子

block_2347_01_M.jpg
三連はしご進入中

block_2347_02_M.jpg
三連はしごの引き揚げ

梯子車隊の様子

block_2348_01_M.jpg
屋上の逃げ遅れ者の救出に向かう隊員

block_2348_02_M.jpg
バスケット担架にて救出中

ポンプ車隊の様子

block_7827_01_M.jpg
要救助者に縛帯を装着

block_7827_02_M.jpg
応急はしごにて救出中

訓練目標である指揮要領、隊員間の連携、救出要領等、十分な成果があったように思われます。訓練終了後の検討会においても隊員間で活発に様々な意見が交わされました。

近年、全国的にも救助事案をはじめ各種災害は複雑多様化しており、これらの災害に対応するためには高度な知識や技術が求められます。
私たち救助隊が目指す活動は、要救助者が社会復帰できるように安全、確実、迅速な活動でなければなりません。
訓練を継続し、研修を重ねて災害対応能力の向上を図り、地域住民の負託に応えられるよう努力していきます。

今後とも消防業務に対しまして、地域のみなさまのご理解とご協力のほどよろしくお願いします。

≫ 続きを読む

2009/12/25   fd-yawatahama-ehime
タグ:訓練 , 救助 , 防災

ハーバープラザホテルにてNBC災害対応訓練を実施

10月5日(月)、八幡浜市仲之町『ハーバープラザホテル』にてNBC災害対応訓練が実施されました。営業中のホテルを会場とした訓練は、四国では初めてのことです。  訓練には、ハーバープラザホテル従業員をはじめ新町商店街、県警本部、八幡浜警察署、管内の医療関係者が参加しました。

訓練開始

会議室に不審者が侵入、液体がばら撒かれ負傷者が多数発生!!

『会議室に不審者が侵入し、液体がばら撒かれ負傷者が多数あり』との想定の下、消防本部から特殊災害機動部隊を中心に指揮隊をはじめ消防隊、救急隊が出動しました。

現場到着 〜各隊の到着の様子〜

指揮隊
指揮隊

特殊災害機動部隊
特殊災害機動部隊

消防隊
消防隊

救急隊
救急隊

【部隊の活動内容】

  • 指揮隊:情報収集、指揮本部設置、下命
  • 特災隊:防護衣着装、救出及び搬送、一次トリアージ、除染
  • 消防隊:現場広報、消防警戒区域設定、ゾーニング
  • 救急隊:除染、二次トリアージ、救命処置

進入〜救出及び搬送

建物内へ進入
建物内へ進入

救急隊
救急隊

陽圧式化学防護服を着装した隊員がホテル内へと進入し、負傷者の救出にあたります。

一次トリアージ

一次トリアージの様子
一次トリアージの様子

会議室から玄関付近まで搬送された負傷者について一次トリアージを実施し、建物外で待機する隊に引き継ぎます。

※一次トリアージ
自力歩行の可否、汚染の有無、除染の要否についての判断をします。

除染活動

除染の様子
除染の様子

一次トリアージの結果、汚染(衣服や皮膚に薬剤が付着している状態)が確認された負傷者については、その負傷者の状態に応じて乾的または水的除染を実施します。

※ 除染とは、衣服や皮膚に付着した有害な物質を落とすことで、脱衣による乾的除染やシャワーで洗い流す水的除染の方法があります。

二次トリアージ及び救命処置

救急隊による二次トリアージ
救急隊による二次トリアージ

発災現場近くの内科医師による救命処置
発災現場近くの内科医師による救命処置

除染を終えた負傷者は救急隊、医療従事者が二次トリアージ及び救命処置を行い、緊急度に応じて各医療機関へと救急搬送されていきます。

※ 二次トリアージ
負傷者の状態(意識、呼吸、脈拍、負傷部位等)を判断し、緊急度に応じて色分けしたタッグを負傷者に付けます

退出〜訓練終了

除染の様子1
除染の様子1

除染の様子2
除染の様子2

救出活動及び再検索を終えた隊員は汚染が拡大しないように専用のテントにてシャワーを使用し水滴除染を実施しています。右の写真(青色、銀色の防護衣)は県警機動隊で、薬剤の検出、回収を終え、除染テントへと入ります。

訓練検討会 〜連携強化を図るために〜

10月19日(月)、当消防本部3階大会議室において、今回実施されたNBC災害対応訓練の検討会が行われました。当消防本部の訓練参加隊員をはじめホテル関係者、八幡浜警察署員が参加し、訓練の反省、検討事項を話し合い、
「ホテル利用者への避難誘導対策」
「消防隊員の活動時間管理、体力消耗、ストレス軽減」
「関係機関との連携と任務分担の明確化」
などの意見が活発に交換がされました。
今後もこのような訓練を通して各関係機関との連携を図り、防災の絆をより一層深めていきたいと思います。

おわりに

訓練に際しては、ハーバープラザホテル関係者、各関係機関の皆さまのご協力を頂きまして誠にありがとうございました。また付近住民の皆さまには日中の訓練となり、大変ご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。
今後とも消防業務に対しまして皆さまのご理解とご協力をよろしくお願いします。

≫ 続きを読む

2009/10/05   fd-yawatahama-ehime
タグ:訓練 , 災害 , 救助 , 防災

文化財模擬火災訓練実施(八幡浜市)

八幡浜市保内町川之石琴平「金刀比羅神社」

平成21年1月18日(日) 8:00から第55回文化財防火デーに伴い、八幡浜市保内町川之石琴平「金刀比羅神社」において、消防署第二分署、川之石分団、市役所、神社・地元関係者が参加して文化財模擬火災訓練を実施しました。

訓練火点は標高約80mの高所にあり、金刀比羅神社の天井に描かれている「格天井画」が八幡浜市有形文化財に指定されています。(昭和61年10月1日指定)

関係者による初期消火の様子
関係者による初期消火の様子

第二分署消防隊出動中
第二分署消防隊出動中

第二分署消防隊、ホース延長中
第二分署消防隊、ホース延長中

活高所に加え、消防水利から訓練火点まで約250mの遠距離ということもあり、放水まで時間がかかりました。

地元消防団、ホース延長中
地元消防団、ホース延長中

神社境内前で放水開始
神社境内前で放水開始

防団・消防署による一斉放水
防団・消防署による一斉放水

訓練終了後の集合
訓練終了後の集合


悪条件下では、ひとたび火災が発生すると消火活動に困難を期することを再確認しました。

先人達が遺してくれた貴重な文化財を後世に引き継いでいくためにも、日頃から文化財愛護及び火災予防に努めましょう。

また、訓練にご協力いただきました関係者の皆さまにお礼申し上げます。

≫ 続きを読む

2009/01/21   fd-yawatahama-ehime
タグ:訓練 , 火災 , 救助 , 防災

災害医療訓練(市立八幡浜総合病院)

今世紀前半にも発生が懸念されている東南海・南海地震。平成20年6月15日(日)、大規模災害発生時における倒壊建物からの人命救助活動に、より迅速に対応するため、校舎解体現場において地震災害を想定した、より実戦的な総合訓練を実施しました。

訓練を行った校舎は、耐震校舎新築のため、取り壊しが始まった鉄筋コンクリート3階建ての三崎小学校旧校舎です。関係各位のご理解、ご協力の下、消防職員約50人が参加し訓練を実施しました。

訓練の前日には、岩手・宮城内陸地震が発生、職員らは、より大規模地震に対する危機感を持ち真剣に取り組んでいました。

災害医療訓練1

災害医療訓練2

災害医療訓練3

災害医療訓練4

トリアージ訓練

地震により負傷した多数の模擬患者をトリアージセンターまで搬送し、トリアージ班・搬送班に引き継ぎました。

救急車で患者搬送
救急車で患者搬送

トリアージ班に引継ぎ
トリアージ班に引継ぎ

エレベーター救出訓練

エレベーターが地震により1階と2階の中間地点で停止、エレベーター内に2名取り残されているという想定で消防隊とメンテナンスが連携し救出訓練を実施しました。

エレベーターの扉を手動で開放
エレベーターの扉を手動で開放

はしごを使用し要救助者を救出
はしごを使用し要救助者を救出

≫ 続きを読む

2009/01/09   fd-yawatahama-ehime
タグ:訓練 , 火災 , 救助 , 防災

地震災害対応訓練(三崎小学校)

今世紀前半にも発生が懸念されている東南海・南海地震。平成20年6月15日(日)、大規模災害発生時における倒壊建物からの人命救助活動に、より迅速に対応するため、校舎解体現場において地震災害を想定した、より実戦的な総合訓練を実施しました。

訓練を行った校舎は、耐震校舎新築のため、取り壊しが始まった鉄筋コンクリート3階建ての三崎小学校旧校舎です。関係各位のご理解、ご協力の下、消防職員約50人が参加し訓練を実施しました。

訓練の前日には、岩手・宮城内陸地震が発生、職員らは、より大規模地震に対する危機感を持ち真剣に取り組んでいました。

訓練開始
訓練開始

活動指示
活動指示

活動開始

活動開始
活動開始

現場の想定は、訓練隊員に一切伝えず、現場対応型での訓練でした。まず隊員は情報収集を行い、その情報を基に活動を開始しました。

救出活動
救出活動

活動するも慎重さを求められ、鉄筋など隊員の行動が制限されたなか、かなりの時間を要しました。

救出→搬送

救出から搬送
救出→搬送

救急車内へ
救急車内へ

閉ざされた空間で限られた保有資機材を駆使し、指揮命令系統統制、消火及び救出救助訓練を実施し、対応能力の向上を図ることができました。後日、訓練に参加した職員が訓練検討会を実施し、「鉄筋の切断は、大きさにより切断できないものがある」、「電動油圧式コンビツールは有効であったが、台数不足」、「隊員が進入出来ない場所もあり、画像探索装置があれば時間短縮が図れる」等の活発な意見があった。

≫ 続きを読む

2008/06/15   fd-yawatahama-ehime
タグ:訓練 , 災害 , 救助 , 防災