旧市民会館を使用した消防訓練を実施しました

取り壊しが決定した旧八幡浜市民会館を訓練会場として「警防技術訓練会」を実施しました。
この訓練を通じて、現在の活動能力を確認し、消防活動技術・知識の向上を図り、円滑な
消防業務の実施に繋げることを目的としています。
 
職員集合状況 開始報告

日 時

平成29年12月18日(月) 9時30分から12時00分

場 所

八幡浜市本町62番地の1 「旧八幡浜市民会館」

訓練参加者

八幡浜地区施設事務組合消防本部・消防署 70名

訓練想定

「耐火造3階建ての建物より火災が発生し、建物内に要救助者がいる。」との想定で
出場し訓練の詳細はブラインド方式として実施しました。

訓練風景

DSCN1919.JPG 破壊訓練
2階へ屋内進入 破壊器具を使用
DSCN1908.JPG 消防長訓示
放水開始 消防長訓示

おわりに

 市街地での訓練で周辺住民の皆様には、騒音などで大変ご迷惑をおかけしました。
 地域住民の皆様のご協力で充実した訓練会を実施することができお礼申し上げます。
 耐火建物の消防訓練施設を保有しない当消防本部において職員の技術向上のため、訓練の場として「旧市民会館」を使用できたことは職員ひとりひとりに貴重な経験となり、有意義な訓練となりました。今後も訓練を重ね職員の能力向上に努めてまいりますので、引続き地域の皆さまのご理解とご協力をよろしくお願いします。

2017/12/22   通信指令係
タグ:訓練 , 平成29年