「火災多発非常事態宣言」を発令

発令期間令和元年6月21日から7月31日

今年6/20まで14件:昨年1年間18件

 八幡浜地区施設事務組合消防本部管内では、本年の火災件数が6月20日現在で14件発生し、昨年1年間の発生件数18件に迫る勢いとなっております。
 また、火災の多発に加え、火災の様相は大規模化し、火災による死者も発生しています。
 この様な現状を踏まえ6月21日に警戒態勢を強化し、火災予防の徹底を図るため、平成28年以降2回目となる『火災多発非常事態宣言を』を発令しました。発令期間を7月31日までとし、防災行政無線及び各種メディアを利用した広報や講習会等における注意喚起、さらに、消防署と消防団が消防車両で巡回広報を行い、住民の防火意識を向上及び火災発生の未然防止を図るものです。

 

 

第二分署管内.jpg

第三分署.jpg

【第二分署管内】

【第三分署管内】



 

2019/06/21   情報処理担当