飲食店の防火対策に係る注意喚起等について

 令和2年7月30日に福島県郡山市で発生した飲食店の爆発事故では、これまでのところ、死者1名、負傷者19名(重症者2名、軽症17名)の被害が発生しています。
 現在この火災について関係当局により爆発火災原因の究明が行われているところであります。現時点で出火原因等は特定されていませんが、屋内のガス配管の腐食箇所から液化石油ガス(LPガス)が漏洩し、何らかの火源により引火、爆発した可能性が考えられます。
 このような状況を踏まえ、類似事故の発生を防止するため、当面は下記の留意事項について防火対策を徹底されますようお願いします。

 留意事項

(1)ガス機器の適切な維持管理について
 ・ ガス機器の定期的な清掃やメンテナンスを行うこと。
 ・ ガス機器に異常を感じた場合やガス配管等に破損や著しい腐食等がある場合は直ちに使用を
  中止するとともに、緊急連絡先やメーカーに連絡し、修理等を依頼すること。
 ・ 休業等でガスを長期間使用しない場合や事業を再開する場合は、液化石油ガス販売事業者に
  連絡をすること。

(2)リーフレット
  https://www.fdma.go.jp/mission/prevention/item/prevention001_28_chubokiki-pamf20140226.pdf

(3)経済産業省のホームページ内、ニュースリリースアーカイブに掲載されている留意事項
  https://www.meti.go.jp/press/2020/08/20200805003/20200805003.html
2020/08/12   予防課