イベント情報

平成29年

平成30年度八幡浜市少年消防クラブ入会式を開催

 平成30年5月15日(火)、八幡浜地区消防本部において、平成30年度八幡浜市少年消防クラブ入会式を開催しました。
 八幡浜市少年消防クラブは、八幡浜市内の4小学校のクラブ員で構成されており、今年度は、過去最高の91名の児童が入会しました。
 将来の地域防災を担う子供たちが、自ら進んで入会を希望してくれたことは大変心強く、嬉しく感じています。
 今後のいろいろな活動をとおして、防火・防災に関する知識を身に付けるとともに、友達の輪を広げてほしいと思います。

参加クラブ

白浜小学校少年消防クラブ     江戸岡小学校少年消防クラブ
神山小学校少年消防クラブ     宮内小学校少年消防クラブ


IMGP1264.JPG
 任命書授与
IMGP1276.JPG
ちかいのことば
IMGP1283.JPG
白浜小学校クラブ
IMGP1286.JPG
神山小学校クラブ
IMGP1287.JPG
江戸岡小学校クラブ
IMGP1282.JPG
宮内小学校クラブ

 

今後の活動予定

 7月  夏季防災研修(キャンプ)
      消火・救急・救助訓練を行い、消防の基本を学習し、クラブ員同士で協力して、テント
     設営や炊き出しを行い、災害時の生活を体験します。
11月  防火パレード
      各小学校区内をパレードして、地域の人たちに防火・防災を啓発します。
 3月  消防出初式での訓練披露
      1年間の活動の成果を披露します。

≫ 続きを読む

2018/05/17   予防課

全国版救急受診アプリ「Q助(きゅーすけ)」の提供開始について

消防庁では、住民のみなさまが急な病気やけがをしたときに、医療機関を受診するタイミングや手段、利用できる医療機関及び受診手段の情報を提供し、緊急度に応じた必要な対応を支援するため、「助(きゅーすけ)」の提供を開始しました。

該当する症状及び症候を画面上で選択していくと、緊急度に応じた必要な対応が表示されます。
①「今すぐ救急車を呼びましょう」:緊急性が高いと思われます。今すぐに119番に電話しましょう。
②「できるだけ早めに医療機関を受診しましょう」:2時間以内を目安に病院に行かれた方がいいでしょう
③「緊急ではありませんが医療機関を受診しましょう」:緊急ではありませんが、受診した方が良いでしょう。夜間でしたら、翌日の診察でも構いません
④「すべての項目に該当しない場合」:継続的に様子をみて、症状が悪化した場合、変わらずに続く場合、他の症状が出現した場合は、医療機関の受診を考慮してください。
以上4つの区分に応じて必要な対応を助言してもらえるシステムです。

Q助流れ.png


その後、医療機関の検索(隣県の情報も閲覧できるように、厚生労働省の「医療情報ネット」にリンク)や、受診手段の検索(一般社団法人全国ハイヤー・タクシー連合会の「全国タクシーガイド」にリンク)を行うことができます。




Q助スマホ.png

(App Store) https://itunes.apple.com/jp/app/id1213690742
(Google Play) https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.elmc.emergencyapp

Q助web版
Web版「Q助」はこちら↓をクリックしてください。
http://www.fdma.go.jp/neuter/topics/filedList9_6/kyukyu_app/kyukyu_app_web/index.html


全国版救急受診アプリ「Q助」広報用チラシ.pdf







 

≫ 続きを読む

2017/07/15   救急係
タグ:救急 , 平成29年

八幡浜消防管内初の化学車を配備しました!

 当消防本部では、平成5年に配備された水槽付消防ポンプ自動車(1号車)の老朽化による車両更新に伴い、消火活動に万全を期するため、管内では初となる化学消火機能を装備した災害対応特殊化学消防ポンプ自動車(化学車)を配備しました。 
 消防力の整備指針では、危険物製造所等及び原子炉設置事業所等の火災鎮圧のため、化学車の配置が規定されており、これまでは代替装備を備えた車両で対応していました。

 

【化学車とは】

 化学車とは、消防ポンプ自動車の一種で、水放水だけでは消火困難な油火災等の危険物施設火災に対応する消防ポンプ自動車です。自車のタンクに消火薬液を貯蔵し、搭載された混合器により水と消火薬液を適切に混合します。混合水は専用の器具で発泡し、泡放水で火源を覆うことにより空気を遮断して窒息消火を行い、また水の冷却作用により消火効果を高め、効率的な消火活動のできる消防ポンプ自動車です。
 

【八幡浜消防化学車の特徴】

 本車両は、一般火災用と油火災用の2種類の消火薬液と混合器を搭載し、1,500ℓの水を積載しています。また、車両全長の短縮化を図り、地域の実情を考慮した機動性に富む化学消防ポンプ自動車です
 通常の火災にはポンプ自動車として、油火災には化学車として活動します。
 全国における地震等の大規模災害や石油コンビナート等の危険物施設火災の発生時は、緊急消防援助隊の出動要請により被災地へ赴きます。


DSCN1139.JPG
DSCN1143.JPG

 









 

≫ 続きを読む

2017/03/23   通信指令係
タグ:NEWS , 平成29年