ドクターヘリ運用時における「施設使用に関する協定」を締結しました

締結式日時及び場所

平成29年11月24日(金) 11時00分〜

八幡浜地区施設事務組合消防本部 3階大会議室

協定の主な内容

 平成29年2月から愛媛県においてドクターヘリが運航されています。
 ドクターヘリ等を用いた救命・救助活動を円滑に行うためには、現場付
 近において、ドクターヘリ等が安全に離着陸できる場所を確保すること
 が重要になります。
 今回の協定において、創価学会八幡浜平和会館駐車場をドクターヘリ
 等の離着陸場所として無償開放していただくことで、早期に医師によ
 る治療が開始されることになりますので、傷病者の救命率の向上及び
 後遺症の軽減が期待されます。

 締結式の模様

 創価学会 井出鬼四郎副会長と八幡浜地区施設事務組合 山﨑利夫消防長
調印式風景1

 


署名後に握手
 署名後、これからのさらなる連携強化を誓い、ガッチリと握手を交わす二人。
調印式風景2


 この度の協定は、ドクターヘリ等を円滑に運用するために重要な離着陸場
 所の確保の取組みとなります。

 創価学会様の社会貢献への熱意とご英断に敬意を表するとともに厚くお礼
 申し上げます。
 消防本部といたしましても、これまで以上に連携を強化し、地域住民への
 安全・安心に貢献していきます。

2017/12/02   通信指令係
タグ:式典 , NEWS , 防災 , 平成29年