平成30年秋季火災予防運動について

目的

 この運動は、火災が発生しやすい時季を迎えるに当たり、火災予防思想の一層の普及を図り、もって火災の発生を防止し、高齢者等を中心とする死者の発生を減少させるとともに、財産の損失を防ぐことを目的とする。

実施期間

 平成30年11月9日(金)から15日(木)までの7日間

全国統一防火標語

 『 忘れてない? サイフにスマホに 火の確認 』

住宅防火 いのちを守る 7つのポイント

  〇3つの習慣
   ・寝たばこは、絶対やめる。
   ・ストーブは、燃えやすいものから離れた位置で使用する。
   ・ガスこんろなどのそばを離れるときは、必ず火を消す。
  〇4つの対策
   ・逃げ遅れを防ぐために、住宅用火災警報器を設置する。
   ・寝具、衣類及びカーテンからの火災を防ぐために、防炎品を使用する。
   ・火災を小さいうちに消すために、住宅用消火器等を設置する。
   ・お年寄りや身体の不自由な人を守るために、隣近所の協力体制をつくる。

火災予防運動期間中の活動内容

  火災予防運動期間中は、以下の活動を行いますので、ご協力をお願いします。

   ・各市町広報誌及び防災行政無線による広報
   ・消防車両による火災予防及び山火事予防広報
   ・タクシー、バス及び消防車両にマグネットステッカーを貼付しての広報
   ・八西CATVでの住宅用火災警報器の設置及び交換推進の広報
   ・防火パネル、立看板及び横断幕の設置
   ・主要防火対象物への防火ポスターの掲出依頼及び啓発文書の送付
   ・各保育所及び幼稚園での防火映画の上映及び消防訓練
   ・各保育所及び幼稚園児による防火宣伝パレード 
   ・災害時要援護者収容施設との合同消防訓練
   ・高齢者・災害弱者宅の住宅用火災警報器の設置、点検及び防火指導(伊方・三瓶地区)
   ・三崎地区消防祭及び保内中学校消防イベント
   ・第二分署に防災壁画の設置
   ・消防及び八伊予川柳の展示(JA西宇和本店・新町ドーム)   
   ・防火対象物及び危険物施設への立入検査
   ・事業所等を対象に消火器等取扱い訓練の実施及び防火指導
   ・防災及び救急教育出前授業

                       各事業所へのお知らせ.pdf
 

 


 
2018/10/02   予防課