全国版救急受診アプリ「Q助(きゅーすけ)」の提供開始について

消防庁では、住民のみなさまが急な病気やけがをしたときに、医療機関を受診するタイミングや手段、利用できる医療機関及び受診手段の情報を提供し、緊急度に応じた必要な対応を支援するため、「助(きゅーすけ)」の提供を開始しました。

該当する症状及び症候を画面上で選択していくと、緊急度に応じた必要な対応が表示されます。
①「今すぐ救急車を呼びましょう」:緊急性が高いと思われます。今すぐに119番に電話しましょう。
②「できるだけ早めに医療機関を受診しましょう」:2時間以内を目安に病院に行かれた方がいいでしょう
③「緊急ではありませんが医療機関を受診しましょう」:緊急ではありませんが、受診した方が良いでしょう。夜間でしたら、翌日の診察でも構いません
④「すべての項目に該当しない場合」:継続的に様子をみて、症状が悪化した場合、変わらずに続く場合、他の症状が出現した場合は、医療機関の受診を考慮してください。
以上4つの区分に応じて必要な対応を助言してもらえるシステムです。

Q助流れ.png


その後、医療機関の検索(隣県の情報も閲覧できるように、厚生労働省の「医療情報ネット」にリンク)や、受診手段の検索(一般社団法人全国ハイヤー・タクシー連合会の「全国タクシーガイド」にリンク)を行うことができます。




Q助スマホ.png

(App Store) https://itunes.apple.com/jp/app/id1213690742
(Google Play) https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.elmc.emergencyapp

Q助web版
Web版「Q助」はこちら↓をクリックしてください。
http://www.fdma.go.jp/neuter/topics/filedList9_6/kyukyu_app/kyukyu_app_web/index.html


全国版救急受診アプリ「Q助」広報用チラシ.pdf







 

2017/07/15   救急係
タグ:救急 , 平成29年